トップページ > 病院からのお知らせ > 禁煙外来開始に伴う敷地内禁煙のお知らせ

病院からのお知らせ  

禁煙外来開始に伴う敷地内禁煙のお知らせ


 当院では、平成21年7月1日(水)から禁煙外来を開始することになりました。これに伴い、平成21年7月1日(水)から当院建物および敷地内を全面禁煙とさせていただきます。
 禁煙外来は毎週火曜日の午後に予約制で行います。予約やご質問等は、内科外来にお問い合わせください。
 患者さま、ご来院者さまのご理解とご協力をお願いいたします。

【 タバコ対策をさらに進めます 】

  1. 喫煙者の約半数はタバコによって最終的には生命を奪われます。
  2. 受動喫煙によって世界中で毎年数十万人が生命を奪われています。
  3. タバコを吸う人の寿命は吸わない人より約15年短くなります。
  4. タバコは予防可能な最大の死亡原因の一つで、販売が禁止されていない唯一の商品です。
  5. タバコは血管壁の弾性繊維を断裂させるので、くも膜下出血の原因である脳動脈瘤のリスクを2.5倍増となります。
  6. 喫煙によって顔面の弾性繊維の断裂が生じるので、皺が多く、くすんだ顔色のタバコ顔貌となり顔の老化を年齢より大きく進めます。
  7. タバコは心筋梗塞、脳梗塞、肺がん、咽頭がんをはじめとする多くの癌のリスクを高めます。禁煙によって心筋梗塞と脳梗塞は数年以内に、肺がんは10年で非喫煙者のリスクに近づきます。
 以上はWHO(世界保健機関)が毎年5月31日の世界禁煙デーにあわせて、これまでに発表してきた科学的根拠に基づく事実です。
 当院も健康増進、疾病予防のために、これまでは建物内禁煙としてきました。これをさらに進めて、平成21年7月1日より敷地内全面禁煙といたします。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。
▲ページのトップに戻ります