トップページ > 部門紹介 > 看護部門のご紹介

部門紹介 

看護部門のご紹介

  • 看護部長より
  • 理念・方針・看護体制
  • 各部署紹介
  • 認定看護師
  • 教育プログラム
相模原赤十字病院 看護部長より
当院は、小規模ですが、DPC対応急性期病院として7:1入院基本料を維持し、相模原地区の皆さんへ質の整った医療・看護を提供しています。また、3つの診療所を管理運営し、当院との連携を通し、地域住民の健康を守っています。

豊かな自然は、患者さんのみならず、そこで働く私たち職員にも癒しの環境を施しています。看護師の離職率も低く、休暇もとりやすい等、ワークライフバランスのとれた組織です。

看護部は『安全で温かくやすらかなチーム医療』をめざし、多職種と協働し看護を提供しています。また、新人時代から看護師一人ひとりの個性が生かされ、やりがいを感じながらキャリアアップし自己成長できるよう支援しています。

看護部長 荒尾 都威子

看護部長 荒尾 都威子
看護部の理念
赤十字職員としての自覚をもち、地域の人々の健康の維持、苦痛の軽減のために信頼される看護サービスを提供します。

看護部の方針
  1. 患者様の権利を尊重し、個々のニーズに沿った満足していただける看護を提供します。
  2. 患者様が安心できる、安全で快適な療養環境を整えます。
  3. 地域に密着した継続的な看護サービスを提供します。
  4. 患者様とともに学び、一人の人間として、又専門職業人として成長します。

相模原赤十字病院の看護体制
看護体制
 一般病棟入院基本料 7:1

看護単位
 5単位(5階病棟、6階病棟、7階病棟、外来、手術室・中央材料室)

看護方式
 固定チームナーシング

勤務体制
 二交代制(三人夜勤) 日勤 8:30〜17:00 夜勤 16:00〜 9:00

5階病棟
5階病棟 5階病棟は、外科・整形外科を主診療科とした病棟です。外科系なので、月〜金曜日までほぼ毎日手術が実施されています。
私たちは安心して手術が受けられるように準備し、術後は安全で苦痛を最小限にし、スタッフ全員が患者さんに寄り添った統一した看護を提供できるように取り組んでいます。
又、他職種と連携を図り、医師ともコミュニケーションが良く、カンファレンスや勉強会を活発に行い、質の高い医療をチームで提供できるように日々頑張っています。

6階病棟
6階病棟 6階病棟は内科・耳鼻科・小児科・泌尿器科の混合病棟です。平成28年度から泌尿器科が新たに加わり耳鼻科と合わせて周手術期のケア、化学療法、ターミナルケアを行っています。
内科は、急性期疾患と、慢性期疾患の糖尿病患者の教育指導を行っていて、院内で行っている糖尿病教室の看護師の講義も担当しています。小児科は喘息、肺炎で入院することがありますが頻度は少ないです。
泌尿器科チーム、耳鼻科チーム、糖尿病チーム、119チーム、助手チームなど看護職員で力を合わせて他部門と連携を取りながら、個別的な看護ケアの提供を目指しています。
また、スタッフは明るく活気がある病棟で、患者・家族に寄り添ったケアを提供する為に、意見交換を行いながら日々頑張っています。

7階病棟
7階病棟 7階病棟は、内科と眼科の病棟です。内科は主に肺炎、心不全、脳梗塞の疾患が多く、重症患者も受け入れています。眼科は白内障の手術を受ける方が入院し、1回/週の手術に対応しています。
緊急入院が多く忙しい病棟ですが、皆明るく声を掛け合って協力しています。患者1人一人を大切にし、安心して退院していただけるよう、皆で一丸となって看護サービスの提供をしています。
また、当病棟は病院の最上階にありますので景色も魅力の一つです。四季折々の素晴らしい景色は私たちだけでなく、患者さんや家族の皆さんの良い気分転換にもなっています。

外来
外来 外来は内科、外科、整形外科、泌尿器科、小児科、眼科、婦人科、耳鼻咽喉科皮膚科、精神科があります。
専門外来は循環器内科、禁煙外来、乳腺外来、甲状腺外来、ひざ関節センターなどがあり、専門的な医療を提供し患者さんの二―ドに答えられるよう努めています。また、内視鏡では鼻から行う内視鏡の台数を増やし、安楽に検査が実施出来るよう機材を整えています。さらに、救急医療にも力を入れ相模原全域からの救急車の搬送を受け入れ、地域密着から救命医療まで幅広い医療と看護の提供を行っています。
外来看護師は経験豊富な看護師が多く、看護と子育てを両立しながら力を発揮しています。
相模原赤十字病院の外来は、患者さんを大切にするために看護師や看護助手が生き生きとやりがいを持って働けることを目指しています。

手術室
手術室 手術室は3室あり、外科・整形外科・耳鼻科・眼科・泌尿器科の手術を行なっています。
スタッフは麻酔科医1名、看護師7名です。平成28年から外科二次救急対応を行い、年間手術件数は667件です。
術前、術後訪問を緊急以外は全て行ない、周手術期における質の高い看護が出来るようスタッフ一同頑張っています。

各科の手術症例数はこちら
透析室
透析室 当院の透析室は10床と小規模であることを生かし、医師、看護師、臨床工学技士がチームとして、しっかりサポートし合っています。災害拠点病院としても災害時の受け入れ体制を整え、地域の透析病院とも定期的に勉強会や交流を行い、スタッフの向上心を高め患者さんにより良い医療を提供できるように努めています。
さらにCAPD治療にも力を入れ、当院の訪問看護との連携を図り、安心して治療が受けられる体制を整えています。
相模原赤十字病院の認定看護師
相模原赤十字病院では下記の認定看護師が活躍しています。

感染管理 高橋いづ子

透析室で勤務しながら、院内環境ラウンドの実施や研修会の企画・実施、サーベイランス等の活動を行っています。
患者様に安心して療養していただけるように、また、仲間を院内感染から守る為にこれからも地道に活動していきたいと思っています。
感染管理 高橋いづ子
感染管理 菊池雅子

患者様をはじめ、院内全ての職員が感染を起こさないようにすることを目的とし、活動しています。なるべく現場へ行き、皆の意見や現状を確認し、困っている事があれば対応が早くできるようにしていきたいと思っています。
感染管理 菊池雅子
がん性疼痛 中原阿喜子

がん性疼痛は身体だけでなく精神面にも悪影響を及ぼす為、緩和ケア認定看護師と共に痛みの軽減や、QOLの向上を目指し活動しています。また、スタッフが痛みのアセスメントを含めた適切な看護介入ができるよう学習会も行っています。
がん性疼痛 中原阿喜子
緩和ケア 中溝朋未

各病棟に入院されているがんや慢性期疾患の患者様、ご家族様へのケアについてスタッフから相談を受け、介入させていただいています。また、患者様やご家族に対して日常生活のアドバイスなどの相談も受けております。現在抱えているお悩みや苦痛を理解するように努め、最良な方法で緩和が図れるように医療チームに働きかけをしております。
皆様の支えになりたいと思い活動していますので気軽にお話ししていただければと思います。


緩和ケア 中溝朋未
皮膚・排泄ケア 飯塚なつみ

皮膚・排泄ケアとはスキンケアを共通に「創傷ケア」「ストーマ(人工肛門、人工膀胱)ケア」「失禁ケア」に分類されます。
創傷ケア院内の褥瘡(床ずれ)発生予防や、早期発見、早期治療を目指しています。
ストーマケアストーマ造設後も入院前と変わらないような生活が送れるように装具選択を行い、社会復帰へのサポートを行います。
失禁ケア主に自力での排尿が困難な方への「自己導尿」指導を行なっています。
専門的な知識や技術を用いて、より安全で質の高い看護を実践していきたいと考えています。


皮膚・排泄ケア 飯塚なつみ
摂食・嚥下障害看護 橋口真美

私達が日々当たり前に行っている「食べる」という行動は生きるために大切な事であり、楽しみのひとつです。しかし、病気や高齢、認知力の低下などにより、経口摂取が困難になってしまいます。そんな患者様、家族の「食べたい」「食べさせたい」という思いに寄り添い、アセスメントし、他職種と協力しながらサポートしていきます。又、障害により誤嚥や窒息の危険性も高いため、リスク管理も含め食事に対する家族支援、スタッフ指導にも力を入れて行きます。
「美味しい!」という言葉と患者様の笑顔を励みにひとりでも多くの患者様が口から食べれる喜びを感じてもらえるようサポートしていきます。

摂食・嚥下障害看護 橋口真美
教育目的
病院と看護部の理念に基づき専門職業人として、豊かな感性で時代の変化に応じた質の高い看護実践力をもつ看護師を育成する。

教育目標
  1. 赤十字の看護職員としての自覚を持ち、その責任と役割を果たすことができる。
  2. 専門職業人としての自己教育力を高め、専門性を追及できる。
  3. 対象のニーズに応じた適切な看護を提供できる。
  4. 医療チームの一員として、看護職員の役割を果たすことができる。

赤十字キャリア開発ラダー

新人教育研修
平成22年度新人看護職員臨床研修がはじまりました。新人看護職員研修ガイドラインに沿った教育プログラムの企画や効果的な研修の実施に向けて取り組んでいます。
新人教育研修
▲ページのトップに戻ります